県外避難を考える

RSYの前身である「震災から学ぶボランティアネットの会」では、1995年の阪神・淡路大震災の際に愛知県へ避難して来られた西田公夫さんとの出会いから、「県外避難者」という課題に取組んできました。

多くの課題をかかえる県外避難について、私たちの取り組みの一端をご紹介します。

東日本大震災における県外避難の取り組みについては、2011年6月に設置され、RSYが受託をしている愛知県被災者支援センターの取り組みをご覧ください。

Download 東日本大震災でいち早く愛知県の県外避難者に対しての支援を模索するRSY会員に、その取り組みなどをお聞きしました。

「ありがとう うれしかった」西田公夫記念誌

ありがとう 阪神・淡路大震災の際に愛知県へ避難して来られた西田公夫さんの足あとを「公夫さんありがとうの会」が本にまとめました。以下は、その抜粋となります。
西田さん夫婦は地元神戸に帰ることができました。
そして、愛知での出会いを「大事な孫たち」と慈しんでくれました。
1人が1人に最後まで寄り添えば、たとえ地元に帰ることができなくても、
なにか素晴らしい未来が待っていると信じたいです。

ダイジェスト版−1

Download 西田さんについて語る~震災とともに歩んだ12年~

  • 阪神・淡路大震災からこれまでの西田さんと私たちの年表
  • 避難所生活「不安と限界」
  • 新川町に来て「新たな出発と募る孤独感」
  • 「神戸恋し、でも家がない」(朝日新聞)
  • 「炎暑」
  • 「関西弁で話したい」
  • りんりん愛知発足「独りじゃない。仲間とともに」
  • 県外避難者の会「りんりん愛知」発足
  • 「愛知県での会発足」
  • 「情報不足が悩み」(毎日新聞)/「東山植物園散策レポート」
  • 「心和ます震災被災者」/「県外移住...孤独な被災者」(中日新聞)
  • 「県外避難者支援めざし ボランティアら連絡会議」(産經新聞)/「県外避難者を支えよう」(朝日新聞)

ダイジェスト版−2

Download 県外避難者としての訴え 「私たちを忘れないで...」

  • 「震災記事をのせ風化を防いで」(中日新聞)/「避難いつしか3年に」(出典不明)
  • 「被災者のくせに大きな顔をするな!」「被災地へ帰れ!」
  • 「尾張の国から」
  • ひょうご便り掲載記事
  • 帰郷「ようやく戻れる」
  • 「定住帰郷、手探りの選択」(日本経済新聞)
  • 「支え合い3年 やっと神戸へ」(朝日新聞)
  • 「被災者は県外にもいるんや!!」他 記事2点
  • 県外避難者支援全国ボラネットりんりん記事
  • 「友の会の励ましに支えられて」

ダイジェスト版−3

Download 震災から5年「変わらぬ思い、そして絵手紙との出会い」

  • それぞれの5年ー「県外避難者の声に耳を」(神戸新聞)
  • 晩年の日々「出会いは宝、毎日を大切に」
  • 「素晴らしき 孫との出会い」
  • 「孫が出来た」
  • 災害復興とは人間復興、それは被災者と支援者が共に救われること
     真宗大谷派玉龍寺住職 五百井正浩
  • あとがき「迷ったときはいつも」

宮古島市への提言書

Download 元被災地NGO恊働センターのスタッフで、当団体の機関誌あるあるの編集メンバーでもある山田光(沖縄県宮古島市在住)さんが、宮古島市に対して提出した提言書の内容が、非常に整理されているため、他地域での県外避難に関する参考文献として、以下に紹介させていただきます。

1.長期的、計画的な避難者への支援

県外避難者は、高齢者や全財産を失った人たちも多いと思いため、3年~5年と避難生活の長期化も想定されます。

そこで、市の政策の中に、長期的、計画的に位置付けた上で受け入れる必要があると思います。

2.防災復興課(仮称)の新設

市の防災をはじめ、避難者の長期的・継続的な支援体制に万全を期すために防災復興課を新設し、市における避難者対応の事務分掌を明確に位置付けることを要望します。

3.送り出す側の自治体との連携強化と維持

県外避難者の大きな要求の一つは、主に「復興に関する情報」だと考えられます。

そこで、送り出す側の市や町と密接な関係を維持して、被災者の地元の公営 住宅の募集状況や、義捐金支給に関する情報など、避難者が求める情報の提供につとめることが肝要であると思います。

4.心のケアの専門員の配置

震災で身内や友人、財産を失ったことによる喪失感は、体験した人でないと知り得ないことと思います。

また、生活習慣の違い、話し相手もいない土地での孤 立感から不安定な精神状態で日々を過ごすことも考えられます。

避難者のために、心のケアが安定的に提供できるシステムをつくることは重要です。ぜひ、心療 に係る専門員の配置をお願いします。

5.避難者に係るボランティアのネットワーク創出

避難者の継続的な話し相手など、身辺の世話、避難者の自治組織の支援にあたるボランティアの育成とネットワークづくりを進めていただきたいと思います。

RSYに寄付をする

RSYブログ 今を伝える