冊子「避難所運営の知恵袋」ができました!

皆様

RSY事務局です。

この度、避難所運営に役立つ知恵が一杯詰まった冊子が完成しました。

 

 

その名も

『できることからはじめよう!

避難所運営の知恵袋~みんなで助け合える避難所づくりのために~』

 

です。この冊子は、独立行政法人福祉医療機構「社会福祉振興事業」からの助成金により作

成しました。

これまでの被災地で繰り返されてきた、過酷な避難生活での震災関連死や感染症の蔓延、生活不活発病の増加。阪神・淡路大震災や新潟県中越地震、中越沖地震、東日本大震災などで実際に避難所運営にあたった方々に聞き取りをし、このような方を一人も出さないために、地域住民やボランティアが一緒に取り組んできた事例や、知恵と工夫を盛り込みました。

4月から無料配布しますので、ご希望の方は下記のチラシから申し込み下さい。

※すでに無料配布分は、すべて配布してまいました。ご好評につき、増刷いたしましたが、自己資金で行いましたため、有料配布となります。ご了承ください。

お申込みはこちらから →   申込用紙

もくじはコチラ→ もくじpdf

 

========================

この冊子を活用して、3月28日(土)に学習会を開催しました。

RSYではこのような講座も承ります。合わせてご相談下さい。

=========================

(プログラム)3時間程度

参加者:名古屋市東区矢田学区住民防災グループ 約20名

30分 ワークショップ『避難所ってどんな場所?』

 

60分 講話『避難所運営のポイント』(テキストに沿って大切なポイントを説明)

 

60分 演習『避難所運営体験』(福祉避難スペースのつくり方、トイレ環境・手洗いの方法、感

染症予防と対策など)

30分 ふりかえり

————————————————————

■参加者アンケートより

★この冊子をよんで、避難所運営のポイントについて理解が深まったか?

大いに深まった 12人     深まった 7人    多少は深まった1人

 

★この冊子のよい点

・広い範囲で細かく説明がありよかった。イラストが多く分かりやすい。

・カラーなので見やすい。チェック項目やみだしに目がいきやすい。

・実際に体験した方のアイデアが入っているので、現場ですぐ役立つと思う。

・必要なものが詳細に書かれている。

・避難所を運営するには何が問題になるのかが分かった。

 

★この冊子を今後地域でどのように活用できるか?

・町内会での訓練の時。テーマに沿ってひとつずつ学ぶプログラムを作るとよい。

・冊子のみでなく、お話や演習とセットの方がより理解が深まる。

・各家庭に一冊常備してあるとよい。

 

★その他感想

・大変有意義だった。

・楽しくほしい情報が学べた。避難所の知恵がスーッと入ってきた。

・体験すると特に身につく。

・感染症対策などは日常でも使える情報のため家庭あると便利。

・このような研修会を何度も開いてほしい。