冊子「できることからはじめよう!避難所運営の知恵袋~みんなで助け合える避難所づくりのために~」 増刷版完成!

ご好評を頂いております、冊子「できることからはじめよう!避難所運営の知恵袋~みんなで助け合える避難所づくりのために~」
増刷版が完成し、1冊1,080円(税込/送料別)で販売を開始しています!

 

この冊子は、阪神・淡路大震災や東日本大震災をはじめとした過去の被災地で、実際に避難所運営にあたった方々の体験を基に作成しました。
避難所の基本情報から気になるトイレや食事、感染症対策などについてイラスト付きで分かり易く掲載してます。避難所の悪条件や生活のしづらさを改善していくために地域の方々や、ボランティアなど誰でもできる知恵や工夫がつまっています。
「みんなで助け合える避難所づくり」に役立つ一冊となっていますので、是非、避難所運営訓練や学習会等でご活用ください。

■目次(A4タテ/32頁)

お申込みはこちら → 申込用紙

目次

下線の項目をクリックしてください。中身を一部紹介しています。

避難所はこんなところ
・命に関わる症状を早く見つける
・避難した人を把握する
トイレは万病のモト!
・食事の配慮は健康のモト!
・寝る場所を整える
・暑さ・寒さ対策をしよう
福祉避難スペースを確保する
気になる人を早く見つける
・手伝って!とお願いしよう
感染症の予防と対策

 

■読んだ人の声!
・健康、衛生面で注意すべきポイントがわかりやすく説明されていました。(社会福祉協議会・職員)
・避難所の知識がなく、初めて本書を見て、避難所を運営していくための問題点が多いことが理解できました。(ボランティア団体)
・自治会で避難訓練をやってきましたが、臨場感にかけていましたが、今回それをカバーできる本に出会いました。(自治会)
・避難所運営の重要さや食(アレルギー)感染症のことまで記載があり、わかりやすい。(会社員)
・弱い人への配慮や、具体的なサポートの方法が、限られた紙面スペースにぎっしり詰まってます。全国の避難所に1冊はほしいです。
・「生き抜くための」「使うべき技」が紹介されている。

■読んだ人がしたい活用方法
・自主防災会に対し、質疑応答形式で学習会をしたい。
・この冊子を基に定例会で研修したい。

■読んだ人の気づき!!
・避難所のみならず、常日頃から人と人のコミュニケーションの場が大切だと思った。
・起きた時の備えと気持ちの備えをしておかなくてはと改めて感じた。

■ご注文方法
ご希望される方は、お手数ですが下記項目をご記入の上、RSY事務局(info@rsy-nagoya.com)へご連絡ください。
折り返し事務局より手続きの詳細事項をご連絡致します。
============
1.お名前(所属機関)/ 請求書宛名
2.希望冊数
3.ご住所(ご送付先)
4.メールアドレス
5.電話番号
============
申込書に記入の上FAX(052-253-7552)もしくは郵送でもご注文可能です。

★講演会や講座プログラムも承ります!
RSYでは冊子を活用した講座も承ります。内容についてはご相談に応じて調整
いたしますので、ご希望される方はRSY事務局までお気軽にお問合わせください。

<プログラム例:3時間程度>
①ワークショップ『避難所ってどんな場所?』…30分
②講話『避難所運営のポイント』(冊子を活用しポイント説明)…60分
③演習『避難所運営体験』…60分
④ふりかえり…30分

もし、この冊子を活用した活動を行った際は、RSY事務局(info@rsy-nagoya.com)に
ご一報頂けると幸いです。今後の活動の参考にさせて頂きます。

※3月末に実施した学習会の様子をブログで紹介しております。参考にしてください。

→学習会