ひろげる

非常時に連携するネットワークを築くには、日常から顔の見える関係づくりが大切だと考え、阪神・淡路大震災以降につながった、全国の団体・個人のネットワークを保ちひろげる活動も行っています。

そして、それらの団体・個人と共に過去の災害に学び、そこから得られた発見や教訓を提言にまとめ、緊急時にはお互いに協働して救援に向かうべく活動しています。

震災がつなぐ全国ネットワーク

震災がつなぐ全国ネットワーク

震災がつなぐ全国ネットワーク(震つな)は、阪神・淡路大震災をきっかけに立ち上がったネットワーク組織。団体37・個人34(2019年7月末日現在)が加盟しています。
震つなの事務局はRSY事務所内に設置され、代表理事・栗田と理事・松田が共同代表を兼務すると共に、常務理事・浦野は事業担当として運営に関わっています。
過去の被災地・被災者支援の経験と知恵との共有・活用を目的に、「被災者の声を聴くこと」を何よりも大切にしながら活動しています。災害時はネットワークを活かして被災者支援にあたり、日常は仲間づくりと共に、それぞれの学びやスキルを深める事業にも取り組んでいます。

災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P)

企業やNPO、全国社会福祉協議会、中央共同募金会などで構成されるネットワーク組織。RSYは構成団体の1つとしてとして関わっています。主には、加盟企業の皆様からのご協力を得て、被災地域の方々が必要とする物資を各世帯に袋詰めしてお届けする救援物資「うるうるパック」事業の受託や、災害ボランティアセンターなど、災害時に支援活動を行う方々が迅速・適切に必要な資機材を調達するための参考資料「災害ボランティア用活動資機材調達虎の巻」を作成、人材育成のための研修会事業などにも関わっています。

防災のための愛知県ボランティア連絡会

災害時のボランティア活動をスムーズに行うために必要な平常時からのネットワークづくりを推進することを目的として、愛知県とRSYを含め県内の市民団体14団体で構成。2カ月に1回の定例会や、「防災&ボランティアフォーラム」の企画・運営なども行っています。

なごや災害ボランティア連絡会/なごや防災ボラネット

なごや災害ボランティア連絡会/なごや防災ボラネット

2006年7月に発足した「なごや災害ボランティア連絡会」は、名古屋市内全16区の防災ボランティアグループと市、市社協、RSYを含めた22の市民団体で構成。月1回の定例会で情報交換を行い、横のつながりを築いています。
その実働部隊である「なごや防災ボラネット」は防災関連イベントや講座の企画、運営を行い、市民への啓発活動に励んでいます。
RSYはこうした連携と協力のもと、「防災フェスタ」などの啓発イベントを開催しています。

RSYに寄付をする

RSYブログ 今を伝える