代表理事ごあいさつ

認定特定非営利活動法人 レスキューストックヤード
代表理事 栗田 暢之

栗田 暢之

地震、噴火、風水害など、「もう止めて」と言いたくなるほど災害が頻発しています。まずは過去の災害で犠牲になられた方のご冥福をお祈りいたします。また被害を受けた方々に心よりお見舞いを申し上げます。災害の大きさを表す時、死者数や倒壊・流失家屋数などの数字で判断することがありますが、数字の大小は関係がありません。あくまで一人ひとりの「いのち・暮らし」に帰結する問題だからです。

災害は自然現象なので、人間の力では止めようがありません。しかし、東日本大震災の原発事故や阪神・淡路大震災以降深刻な課題となっている関連死は、自然災害というよりは、人間が被害を増幅させました。今後は徹底的な原因究明と被害者の保護、そしてこれ以上人間が人間を苦しませることのないような対策が求められています。一方で、首都直下型地震や南海トラフ巨大地震など、近い将来の地震の発生が危惧され、また風水害は地球温暖化の影響もあり、今後も増加すると指摘されています。つまり、今後も災害と「いのち・暮らし」は無関心ではいられない状況だと言えます。

当法人は、阪神・淡路大震災を契機に、これまで35箇所以上にわたる被災地で支援活動を行ってきました。そして実際の現場で何が起こったのかという被災者の生の声、どうすれば被害が少なくできたのかという有識者の検証や先人の智恵などからの学びを重ねて参りました。それを基に、災害が起こる前の個人や家庭での備え、地域や学校、企業の防災・減災、災害時要援護者の対策、その推進のための多岐にわたるネットワークづくりなど、様々な手法を自ら考え、多くの場を得て実践して参りました。当法人のこれまでの十数年の歩みは、災害後の対応はもとより、災害前の備えを善処していくこと、まさにこの両輪の取り組みが当法人の存在意義だったと言えます。

しかし、私たちの智恵も力も嫌になるほど浅はかでまったく及ばず、こうした願いを一人ひとりに届けるには至ってはおりません。でもここであきらめるわけにはいきません。当法人が存在し続けるのは、当法人に叱咤激励し続けていただいている多くの会員の皆様や志を同じくする仲間、そして産官学民の関係するすべての皆様からの期待と信頼を付託されて成り立っているからです。

法人化して10年の月日が経ちました。そしてこれからの10年は、当法人のみならず、日本社会全体にとっても、災害としっかり向き合うべき重要な年月だと認識しております。一人ひとりのいのち・暮らしが災害から守られるよう、より真摯な活動を心がけて参る所存です。皆様方の引き続きのご指導・ご協力をよろしくお願いいたします。

RSYに寄付をする

RSYブログ 今を伝える