【報告】RSY・台風21号における支援について

皆様

お世話になります。RSY事務局です。
各地で猛威を振るった台風21号の影響で、隣県の三重県でも被害が出ています。
かねてから、RSYと繋がりのある社協・団体に連絡を取り、確認した情報とRSYの対応についてご報告します。

今のところスタッフ派遣の要請はありませんが、現地の状況を見守りつつ、必要に応じて対応していきます。

▼鈴鹿市)災害ボランティアネットワーク鈴鹿より
・特に被害なし。

▼紀宝町)紀宝町社協より(2011年水害被災地域)
・熊野川支流の成川・上内川沿いの地域が被災
・本日より災害VCを立ち上げ、地元災害ボランティア、御浜町社協らの応援を受けニーズ調査実施
・十数件の被災家屋があったものの、多くは家族や近隣で既に対応できている
・今のところ地元で対応できる範囲と考え、外部からの応援は不要

【RSYの対応】
・震つな製作「水害にあった時に」チラシ・冊子50部を明日送付
・後日ニーズが出てきた際に、必要に応じて資器材・マンパワー共に派遣可能である旨お伝えし、今後の様子を見守ることとした

▼伊勢市)伊勢市社協より
・市災害本部の情報では、床上・床下浸水500件以上
・本日より災害VCを立ち上げ、ニーズ調査を開始。26日頃から本格的なボランティア派遣を開始する予定
・これに合わせてボランティア活動資器材貸し出しの要請あり

【RSYの対応】
・震つな製作「水害にあった時に」チラシ・冊子600部を本日送付
・大分県津久見市災害VCに貸し出していた資器材を伊勢市災害VCに転送。26日着で手配

以上です。

RSY・台風18号における大分県への支援について(9月19日)

みなさま
お世話になります。RSY事務局です。
台風18号の被害で床上・床下浸水が見られる津久見市にRSY事務局次長・松永を、佐伯市に震つな事務局長・松山を派遣し、被災状況の確認をしました。
特に被害が集中しているのは津久見市で、福祉施設の被災も見られます。他にも佐伯市や臼杵市にも被害が見られ、災害ボランティアセンターの立ち上げが急がれています。一方で、避難所は開設されているものの、利用者は少なく短期間でほぼ解消される模様です。
情報は大分県、全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)や災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P)らと共有し、今後の具体的な支援について検討中です。
各地の被災状況と今後のRSYの動きは以下の通りです。
———————————————————-
▼大分県内の被災状況
———————————————————-
★津久見市(市役所、津久見駅周辺などを訪問)
・JR津久見駅周辺(市役所・社協含む)一帯が50㎝程度浸水。多くの商店/家屋に泥が流入している状況。住民で片づけを開始ししている。
・市社協を含めた周辺地域も浸水して被害が出ている。
・避難所は本日午後13時半時点で9名だった。自宅2階での生活可能と考えれば避難所が長期化する可能性は少ないが、断水している住居がある。
・県社協の情報として、津久見市と佐伯市の視座階付近も被害している模様。
・障害福祉サービス事業所「うばめ園」が被災。豊後大野市の「どんこの里いぬかい」も被災との情報あり。大分県社協や福祉施設が入っている「大分県社会福祉施設等災害時相互応援協定」により、泥出し等の応援を派遣する予定。
★佐伯市(市社協などを訪問)
・旧佐伯市の被害が一番大きい模様。
・市社協に来ているニーズは、38件(弥生町を除く)。
・旧弥生町は、100件程度の見込みか。
★臼杵市
・被害は、臼杵と野津で分かれていて、臼杵海添地区で現地調査。隣接する小川が決壊し近隣住宅が被災し、約20戸程度が床上下浸水。住民で片づけを開始している。
川が溢れている映像がテレビで移されていた風成という地域の被害は限定的。
・倒壊家屋については、海添地区で僅かにでている。重機NPOが対応している。
・県社協からの情報として、野津という地域にも被害が出ている模様。
・避難所は本日夕方時点で全て閉所されている。
★その他
・臼杵市、津久見市、佐伯市はいずれも災害VCを立ち上げに向けて準備中。
———————————————————-
▼今後のRSY ・震つなの支援について
———————————————————-
取り急ぎ、RSYは大分県からの要請を受け、津久見市に向けて、本日名古屋からボランティア活動資器材を搬出します。既に日田市に提供している資器材の一部は、松山が佐伯市に向けて本日中に搬入予定です。
また、松永と松山を通じて、復旧の方法や手順を伝えるための「水害にあったときに」の簡易版パンフと冊子を被災した社協に提供しています。
今後は、佐伯市入りしている松山からの情報もふまえて、JVOADらと連携を図りつつ、現地からの要請に応じて支援展開を検討していきます。
———————————————————-
▼募金活動のお知らせ
———————————————————-
九州北部豪雨水害と台風18号水害の支援のための募金活動を行います。
お時間のある方はご協力お願いします。
・日時:10月1日(日)10:00-15:30
・場所:名城公園内tonarino前広場
・内容:ブース出展として、被災地の写真パネルの展示と募金の呼掛けをします。
【申し込み】
参加を希望される方は、申し込みフォームにご記入の上、RSY事務局(info@rsy-nagoya.comまでご連絡ください。当日飛び込みも大歓迎ですが、なるべく事前にご連絡いただけると幸いです。
★申し込みフォーム
①お名前:
②連絡先(できれば携帯電話):
③参加可能日時:
④参加人数(代表者が申込む場合):
※大雨・洪水・暴風・大雪いずれかの警報が出ていたら中止とします。
———————————————————-
▼寄付金ご協力のお願い(随時)
———————————————————-
※皆様からお預かりした大切な寄付金は、RSYスタッフの現地での活動や、被災地の方々の生活支援のために活用致します。
<クレジットカード決済>
URLよりお願いいたします。
「九州豪雨災害支援のための寄付金」よりお申し込み下さい。
※団体へのメッセージ欄に「活動寄付」とご記入ください。
<銀行振込>
三菱東京UFJ銀行 本山支店 普通3505681
特定非営利活動法人レスキューストックヤード
※「カツドウキフ 寄付者のお名前(カタカナ)」とご入力ください。
<郵便振替>
00800-3-126026
特定非営利活動法人レスキューストックヤード
※通信欄に「活動寄付」とご記入ください。