【ご案内】12/7「福島の高校生・ドイツ派遣&再生可能エネルギー見学」報告会

皆さま

いつもお世話になっております。RSY事務局です。
12月7日(土)、ブラザーミュージアムにて「福島の高校生・ドイツ派遣&再生可能エネルギー見学」報告会があります。

福島の現状を伝え、ドイツの再生可能エネルギーを学ぶNPO法人アースウォーカーズ主催の「福島・ドイツ高校生交流プロジェクト」に参加した被災高校生による報告会です。震災当時のことや福島の現状、ドイツでの体験談などを若者世代から聞くことのできる貴重な機会となります。

事前申込みは不要です。どなたでもご参加いただけますますので、ご都合がつく方はぜひご参加ください!

===============
福島の高校生・ドイツ派遣&再生可能エネルギー見学 報告会
===============
◯日時:12月7日(土)13:00~16:00
◯会場:ブラザーミュージアム
※アクセス:名鉄本線「堀田駅」より徒歩2分、
地下鉄名城線「堀田駅」①番出口より徒歩3分
※住所:名古屋市瑞穂区塩入町5番15号
◯参加費:500円(※学生および避難者の方は無料)

◯内容:
福島高校生による「福島・ドイツ高校生交流プロジェクト」活動報告
および意見交換交流など

◯問合せ:NPO法人チェルノブイリ救援・中部
052-228-6813(月・水・金 10:00~17:00)
chqchubu@muc.biglobe.ne.jp
◯主催:NPO法人チェルノブイリ救援・中部、NPO法人アースウォーカーズ
◯協力:認定NPO法人レスキューストックヤード
===============

台風19号の対応【長野市】について(11月16日)

みなさま

RSYは台風19号で甚大な被害を受けた長野市豊野区を中心に支援活動にあたっています。10月14日から活動を開始し、1か月が経ちました。

日頃からRSYと連携関係にある『なごや防災ボラネット』も、10月21日から「長野市北部災害ボランティアセンター豊野サテライト」に、ボランティアコーディネーターを派遣中。

以下、スタッフからの報告です。
——————————
避難所への支援
——————————
現在、長野市内の避難所は13箇所・681名(11月14日現在・内閣府)で大きく変化なし。避難所閉所の目途は今のところ11月末日と言われており、急ピッチで建設型仮設住宅の建設等が進められています。

★自主避難所の運営サポート(豊野区)
RSYは、10月より豊野区の自主避難所の支援活動を継続しています。
地元の方々の尽力により、次の住まいが決まりつつある避難者も増え、新生活へ向けた支援への転換期が迫っています。

・避難所の規模は、8世帯・14名
・掃除作業中の怪我や循環器系疾患による緊急入院あり
・地元保健師の巡回、日赤心のケアチーム、他県派遣行政職員などの見守り体制があり、健康チェックや避難所内の衛生環境の整備を実施中
・自治会役員や、地元議員が、住まいの相談や物件の斡旋などを実施
・RSY専門職ボランティアが、健康チェック、環境整備をサポート。生活不活発病防止支援プログラムを実施

・区長からの依頼を受け、生活協同組合連合会アイチョイス様からのご支援のもと、退所者には新生活応援グッズが提供できるよう、支援プログラムを準備中

————————————–
県や市による住まいの支援
————————————
長野市では下記6つの方法で、住まいの支援を行っています。
しかし、「該当住居が、自宅や通園・通学・勤務地から離れていて利用しにくい」という声や、「応募したが落選した」「制度や申請の仕方が良く分からない」という声も聞かれており、特に関連死のリスクの高い単身者・高齢者等の要配慮者世帯においては、きめ細かなサポートが必要です。

住まいの支援リスト
1)長野県、市町村共同の独自支援として、『信州(長野市)被災者生活再建支援金』制度を実施。被災者生活再建支援法で対象とならない半壊被害に対し、50万円(複数世帯)、37.5 万円(単身世帯)の基礎支援金を支給

2)被災者用仮住居の提供(市営住宅・県営住宅・職員宿舎等)(市内210戸)。入居期限は1年間で家賃は無料。既に2回の募集は終了。3)借上型応急仮設住宅(みなし仮設)への入居。入居期限は2年間で家賃は無料。申請受付中。

4)建設型応急住宅への入居。全115戸を4か所に建設予定。木造2か所、プレハブ1か所、トレーラーハウス1か所という建付け。入居期限は2年間で家賃は無料。申請期間は11月16日~22日まで。

5)応急修理制度。一部損壊、半壊または大規模半壊の住家被害を受け、仮設住宅に入居しない方が対象。半壊または大規模半壊(595,000円以内)/一部損壊(300,000円以内)を補助。6)被災者への宿泊施設の提供。「リフレッシュ型」は、一般の被災者対象で最長2泊3日。「要配慮者型」は、高齢者、障がい者、乳幼児、妊婦等の要配慮者と家族対象で、おおむね1か月程度利用できる。

——————————
在宅避難者への支援
——————————
【炊き出しサポート】
在宅避難者の中で最も多かったのが食事の課題。解決すべく、RSYは10月23日から継続的な炊き出し支援を実施しています。回数を重ねるごとに、地元協力者や希望食数が増え、在宅避難者の支援拠点的な役割を担いつつあります。

現在は、調理チーム、受付チーム、物資チーム、食堂スペースサポートチーム、宅配チームに分かれ、炊き出し会場を運営しています。また、物資チームでは、消毒液の「オスバンS」を配布。床下の処理の状況を確認し、正しい使い方をお伝えしながらカビ対策への注意喚起も行いました。

また、見落とされていた介護やボラセンニーズも新たに発見され、関係機関との横の連携により、迅速な対応につながっています。

炊き出し提供団体
●10月23日(水)giraffe(愛知県岡崎市)/やきそば&唐揚げ(300食)
●10月29日(火)giraffe(愛知県岡崎市)/野菜一杯豚丼(200食)・雨天
●10月31日(木)福野飲食店組合(富山県南砺市)けんちんうどん(200食)
●11月2日(土) オール碧南(愛知県碧南市)/五平餅&うどん(500食)
●11月6日(水) NPO法人ボランティアネット(栃木県)/ラーメン(200食)
●11月8日(金) 台湾仏教慈濟慈善事業基金会(東京)/中華丼(250食)
●11月12日(火)長野市災害ボランティア委員会/野菜一杯カレー(250食)
●11月15日(金)松本市炊き出し隊みらい(松本市)/天ぷらうどん・炊き込みご飯(300食)
●11月18日(月)長野市災害ボランティア委員会(長野市)/プロの豚汁&ごはん(300食)
●11月22日(金)松本市炊き出し隊みらい(松本市)/うどん(300食)
●11月23日(土)うどん県災害復旧「絆」隊(香川県)/釜玉うどん(300食)

炊き出し場づくり協力団体(これまでご支援頂いた皆様)
地縁団体豊野区、長野市社会福祉協議会(豊野サテライト)、長野県災害時支援ネットワーク、長野市災害ボランティア委員会、長野市子どもにやさしいまちフォーラム運営委員会、社会福祉法人賛育会、スーパーあらい、デリシア豊野店、そうげんラーメン、ボランティアミニスター(長野市)、プランインターナショナルジャパン、シャンティ国際ボランティア会、高知市、中日新聞社、茅野市議会議員グループ、住友ゴム,、岐阜県

【生活状況に関する個別ヒアリング】
兵庫県立大とJVOADの協力を得て実施した110世帯分の中間報告ができました。この情報は、要配慮者の特定による行政サービスや災害VCへのつなぎ、個別訪問の定例化を目指し活用しています。

 

【活動拠点の整備】
現在炊き出しを実施している施設と駐車場を、大家さんのご厚意で無償でお借りできることになりました。降雪時期に入る前に、RSYと繋がりのある工務店さんや、支援団体の協力を得て、人が集うために必要な簡易修繕を急ピッチで進めています。拠点運営については、地元社協を通じて、『豊野地区住民自治協議会』さんからお申し出を頂いています。

「今こそ地元の底力を見せよう」という意気込みのもと、従来の地域力の高さが発揮されつつあります。RSYはこのよう地元の動きを最大限に応援し、皆さんからの支援をどんどんつなげていきたいと思います。
——————————
信州農業再生復興ボランティア
プロジェクト(農ボラプロジェクト)
——————————
長野市でも多くの被害が出ているりんご、もも農家。
無数のがれきや泥がまだ入ったままの農園もあります。そこで、JAながのを中心に地元の団体が協働して、いよいよプロジェクトが立ち上がりました。
災害漂流物と幹や根についた汚泥の除去が主なボランティア活動になります。
いずれも体力自慢の方におすすめ。詳しくは下記サイトをご覧下さい。
https://peraichi.com/landing_pages/view/fruitsvol?fbclid=IwAR1KzgUuif5J86M_usBDkFTzyOaqpUxN0-Dc37pBAsZhBsljdo4z0CFPDgQ

 

———————————
被災者の声
———————————
・公費解体を望んでいるが、家の中のものを全部出さなければ壊してもらえないといううわさがある。また、2階で助かった布団も湿気で傷んでいるため処分したいが、濡れていないものは「災害廃棄物」扱いにはならないので処分場には持って行けないと言われた。市の制度の説明があいまいなものが多いので、気持ちが落ち着かない。とにかく今は自分の心にけじめをつけるためにも、家の中のものを全て出したいと思っている。体重も落ちで頭がボーっとしている状態。

(60代・男性)

・豊野は元々地域の絆が強い町なので、地元でも在宅避難者へ物資支援をしたいとか、従来やっていたサロンを再開したいという声が聞こえてきた。泥かきがひと段落したので、災害VC豊野サテライトも縮小する予定。その前に、ローラー作戦で、取り残されている人がいないか丁寧にチェックする。本格的な生活支援を展開するにも、区の中心に位置しており、住民の集いの場となりつつある炊き出し会場は、絶好の場所。拠点づくりにぜひ一緒に関わりたい。(地元社協職員)

・アパートを借りてみなし仮設住宅に認定してもらえたので、そこから通ってます。だから、衣食住は何とか落ち着いた。解体・更地にして土地を売った方がいいか、新築した方がいいか、それともリフォームして住みなおすべきか。。。

まだ結論が出ません。(60代・女性)

・毎回炊き出しを楽しみにしています。何度も来て恥ずかしいわ。。でも、温かいものが頂けるのは本当に嬉しい。とにかく野菜不足だから、汁物はありがたいです。(70代・女性)

・再建の目途は全く立っていません。年内に何とかできればという願望はありますが。。少しでも地域の皆さんの力になれればと、仮設店舗を運営しています。牛乳、卵、肉、魚、豆腐なども冷蔵車を置いて販売しています。でも、住民の方の中には知らない方もいるかも。従業員の半数以上が被災していて、でも働かないと食べていけないし、みんな大変です。(近隣スーパースタッフ)

・アパートを借りて住むことになったけど、いずれ出ていくと考えれば、そんなに沢山のものを買いそろえることもできない。ガスコンロだって、リフォームした家に合うものを今買うのは難しいし、カセットコンロでしのぐしかないかな。そうすると手の込んだお料理もできないのよね。洗濯機や冷蔵庫だって全部買わないと。少しでも余分なお金は使いたくないから。公営住宅を申し込もうと思ったけど、2世帯同居できる広さや、車4台止められる駐車場がないからあきらめました。うちはみんな現役で働いてるんで。子どもの保育園の送り迎えもあるし、行政の手続きは私がほとんどやってます。とりあえず目の前にあるものを、その都度やってるという状況なので、先の見通しなんて全然立ってません。それが不安ですね。(30代・女性)・水害被害も対象になる保険に入っていたので、もう業者に頼んで工事をしてもらってます。天井や壁の丹熱財もボランティアさんに手伝ってもらって全部剥ぎました。(60代・女性)

・今まで家族で頑張ってきたけど、できればボランティアさんに頼みたいんだ。お願いしてもいいんだろうか。どうしたら来てもらえますか?
(80代・男性)
————————————————
RSYスタッフ・ボランティア派遣
————————————————
★RSYスタッフ
・浦野・松井:11月17日~19日、28日~29日
★RSY専門職ボランティア(看護師)
・星野さん:11月2日
・藤井さん:11月11日~13日

——————————
▼RSY活動支援募金について
(随時受付中)
—————————–
この支援金は、スタッフの現地派遣や情報発信、被災者への生活支援プログラムのために活用致します。
<銀行振込>
三菱UFJ銀行 本山支店 普通3505681
特定非営利活動法人レスキューストックヤード
※「カツドウキフ 寄付者のお名前(カタカナ)」とご入力ください。
<郵便振替>
00800-3-126026
特定非営利活動法人レスキューストックヤード
※通信欄に「活動寄付」とご記入ください。

冊子「できることからはじめよう!避難所運営の知恵袋・改訂版」販売開始!

みなさま

 

お世話になります。レスキューストックヤード事務局です。
ご好評をいただいております「避難所運営の知恵袋・改訂版」の増刷・販売準備が整いましたので、お知らせいたします。水害対応のため、皆様へのご案内が遅れまして、申し訳ございませんでした。

長引く避難生活で問題となっている「災害関連死」。これを防ぎ、なるべく元気な状態で避難所生活を終えるために、役立つアイデアを1冊にまとめました。
本冊子には、阪神・淡路大震災や東日本大震災に加え、熊本地震、九州北部豪雨、西日本豪雨水害など、過去の被災地で、避難所運営にあたった方々の体験談が多数紹介されています。
また衛生環境の整え方、情報提供の工夫、母子への配慮など、新たな項目も盛り込みました。どれも掲載しているのは『知っていれば誰でもできる』簡単なものばかり。皆さんの自治会やサークル、職場などでこの本を活用して頂き、できることからはじめましょう!

 

◆サイズ:A4タテ
◆頁数:52頁
◆価格:1,320円(税込)・送料別

◆下線の項目をクリックしてください。中身を一部紹介しています。

・目次

・避難所ってこんなところ

◆ご注文方法:以下のフォームからお申し込みください。
避難所運営の知恵袋(改訂版)注文フォーム

 

 

※現在、多数のお申込みをいただいておりますが、災害対応中のため、発送まで1週間程お時間をいただく場合がございます。お待たせして大変申し訳ありませんが、ご了承くださいますようお願い致します。

 

◆一足先に本冊子を読んでいただいた方々からの声を紹介します。

◇感想
・教科書的でなく、実体験や生の声が分かりやすい。言葉の綴り方が優しく読みやすい
・「避難所開設の早見表」には自分が避難所運営の担当になった場合何をすべきか書いてあるためとてもありがたいと思った
・改訂版は今までの知恵袋に加え表現が簡潔になっており、実際の避難所の写真も加わりとても分かりやすかった
・見落とされやすい、多様性(LGBT、ペット、ハラールフード)も盛り込まれていた点
・全体への視点(環境整備、支援の在り方等)と個別の視点(要配慮者の把握や年齢性別ごとの対応等)がバランスよく記載されている
・「〇〇をする」その理由をきちんと示されており、理解が増した

 

◇冊子活用、地域での取り組みのアイデア
・避難所キャパシティ探検隊の結成
・学童やPTAなど若い層に紹介する
・防災キャンプで避難所体験する
・小中学校の図書室に置いてもらった
・地域のお茶っこ会で情報提供
・この冊子を元に「リアクションカード」を作成し、知識のない方でもすぐに取り組めるよう発展させる
・職能団体として地域で働く助産師がリーダーになって講習会を行う

 

★講演会や講座プログラムも承ります!
RSYでは冊子を活用した講座も承ります。内容についてはご相談に応じて調整いたしますので、ご希望される方はRSY事務局までお気軽にお問合わせください。

 

◆問い合わせ先
認定NPO法人レスキューストックヤード
FAX:052-253-7552
MAIL:info@rsy-nagoya.com
TEL:052-253-7550

台風19号の対応【長野市】について(11月7日)

みなさま

RSYは10月14日より、台風19号で2~3mの浸水被害のあった長野市豊野区において、自主避難所の運営サポート、在宅避難者への支援(炊き出し、個別ヒアリングの実施)を中心に活動を継続しています。

長野県内では、「長野県災害ボランティア支援ネットワーク」が週に2回ペースで情報共有会議を開くと共に、NPOと行政間の連絡調整を担っています。また、長野市内のNPO・企業・ボランティア団体らから成る「長野市災害ボランティア委員会」が窓口となり、県内外のシーズとニーズのマッチングをしてくれるので、地元団体との連携・協働がよりスムーズになってきました。地元にも「何かしたい!」という熱い想いで行動を起こそうとする方々が地元にも沢山います

日頃からRSYと連携関係にある『なごや防災ボラネット』は、10月21日より「長野市北部災害ボランティアセンター豊野サテライト」に、ボランティアコーディネーターを派遣中。他にも愛知からの支援が続々と届いています。

現在のスタッフ・ボランティアの動きは以下の通りです。
★RSYスタッフ
・栗田:10月27日~28日、11月11日~13日
・浦野:10月27日~11月2日、11月7日~8日、11日~13日
・松井:10月27日~11月2日、11月4日~8日

★RSY専門職ボランティア(看護師)
・宮島さん:10月27日~29日
・佐々木先生(愛知医科大学准教授):10月30日~11月2日
・加藤さん:11月4日~8日

以下、スタッフからの報告です。
——————————
避難所での支援活動
——————————
★自主避難所の運営サポート(豊野区)
・避難所の規模は、7世帯・15名程度
・ほぼ高齢者や幼児世帯等の要配慮者世帯
・RSY専門職ボランティアが、健康チェック、環境整備、生活不活発病防止支援プログラムを継続中・作業の疲れから、血圧が上昇し、体調不良を訴える方が増加している

(被災者の声)
・家の片付けは何とか明日で終わるよ。公営住宅の入居募集があったけど落ちたよ。でも2次募集があるからね。また応募するつもり。友達の家もすごい被災して、家財は全部捨てたって。一度泥に浸かったらもう使えないよな。今回3回目の被災だよ。何とか前向きにやらないとね。(70代・男性)

・最近ごはんが喉を通らない。そばとか、あっさりしたものはつるっとはいるけどね。今の家は更地にして、家を借りようと思ってます。1千万ぐらいするみたい。毎日洗濯はコインランドリーだけど、1回1000円ぐらいかかるの。家の購入を考えれば、一銭も無駄なお金は使いたくないけど仕方ないんだ(70代・男性)

・公営住宅に応募しようと思ったけど、子どもの通園や私たちの通勤を考えると場所が不便。うちは2世帯住宅だったから、部屋が多くないと住めない。不動産屋に行ってるんだけど、なかなかいい物件が見つからない。(30代・女性)
【Aさんのエピソード】
Aさんは80代半ば。足が悪いため、普段は押し車で屋内外を移動。今回の水害で押し車が流されてしまい、残った杖で何とか歩いてトイレへ行っていました。それ以外はほとんどベッドから動かない生活が続いていました。ある日、転倒が心配で声をかけると「家にいた時は毎朝仏壇にご飯とお茶を供えてた。それが仕事だった。一人だから何でも自分でやってた。病院が被災したからリハビリにも行けない。トイレぐらい一人で行かなきゃ、そのうち動けなくなっちゃうよ」とポツリ。

RSYから持参した押し車を貸し出すと、早速試運転し、歩き方が安定しました。その後、スタッフが夕飯用に味噌汁を作ろうと台所に行くのを見つけるや、「なにる?」と一声。「味噌汁。手伝って下さいますか?」という言葉を待たずに、キャベツやダイコンを刻み始めました。足が悪いことを忘れる程テキパキ動く姿を見て、地域の役員さんもびっくり。「弁当は揚げ物ばっかりだし、硬くて味が濃い。柔らかくてあったかいものじゃなきゃ食べられん」と言いながら、あっという間に野菜いっぱいの味噌汁が完成しました。

翌日再び訪問すると、「昨日ね。私が作った味噌汁おいしかったって、ありがとうって言われたよ」とニコニコ顔。「次は煮物でも作ろうかね」という言葉が出てきたので、買ってきた材料を渡すと、またもやあっという間に、悶絶・絶品の煮物が出来上がりました。以来、この避難所では「台所担当のAさん」が定着し、他の避難者の方も手伝って、週2回程夕食を作って下さっています。『動きたい人が動ける環境をどう整えていくか』。この視点こそが支援する上で一番大切だと改めて気づかされました。

———————————–
在宅避難者への支援
———————————–
【炊き出しサポート】
多くの皆様にご協力を頂きながら運営できています。
本当にありがとうございます!
●10月23日(水)giraffe(愛知県岡崎市)/やきそば&唐揚げ(300食)
●10月29日(火)giraffe(愛知県岡崎市)/野菜一杯豚丼(200食)・雨天
●10月31日(木)福野飲食店組合(富山県南砺市)けんちんうどん(200食)
●11月2日(土)オール碧南(愛知県碧南市)/五平餅&うどん(500食)
●11月6日(水)NPO法人ボランティアネット(栃木県)/ラーメン(200食)
●11月8日(金)台湾仏教慈濟慈善事業基金会(東京)/中華丼(250食)
●11月12日(火)長野市災害ボランティア委員会/野菜一杯カレー(250食)
※協力:地縁団体豊野区、長野県災害時支援ネットワーク、長野市災害ボランティア委員会、長野市子どもにやさしいまちフォーラム運営委員会(長野市)、プランインターナショナルジャパン、ボランティアミニスター

【生活状況に関する個別ヒアリング】
炊き出しに来場された方、宅配した世帯に対し、個別ヒアリングを実施中。現在までに約120世帯分が集り、集約中です。およそ半数は親せき宅で生活、残りは自宅2階、避難所が半々ぐらいの割合です。緊急性の高い要配慮者世帯は従来の行政サービスへ、片付けは災害VCにつないでいます。これ以外で多い生活面での困りごとは、食事・洗濯・移動・情報が入らないが多く聞かれます。

特に食事は、近隣スーパー、コンビニ、飲食店が被災しているため「生鮮食品が手に入らない」「温かいものが食べられない」「避難所に行けば弁当はもらえるが、揚げ物ばかりで食欲が低下した」などの声多数。6日の炊き出しでは温かいラーメンのスープに涙ぐむ方もいたほど。在宅避難者は、全面的に困窮傾向、精神的にも追い詰められた生活を強いられているという印象を受けました。

(被災者の声)
・自宅の2階まで水がきました。10月12日の夜に娘の家に避難して、そこから掃除に通っています。家は解体して土地が売れれば売りたい。今度は高台に家を建てようと思っています。家が建つまでは、みなし仮設に住もうと思ってるけど、こういう情報は避難所にいないとタイムリーに入ってこないのよね。本当に困っています。(60代・女性)

・避難所にいると、野菜不足になって困る。たっぷりの野菜が食べたい。ラーメンは久しぶりに食べた。ありがたいです。(60代・女性)

・泥は大分片付いたね。今はとにかく床下を乾かしているところ。水害前に体調を崩して、よくなったと思ったらこんな目に。でもちょっとでも調子が良くなってからでよかった。でなかったらこんなに動けないもの。隣の会社の人が家財道具運び出してくれてようやくここまでになったよ。でも細々としたものが残ってる。これは、時間をかけて自分でやっていかないと。ボランティアの人もありがたいけど、指示を出さなくちゃいけないから疲れちゃうのよね。炊き出しは、チラシを貼って忘れないように楽しみにしてるのよ。悪いけど届けてもらえる?車がないから。助かるわ。(80代・女性)

・しかしなんだって、泥は拭いても拭いても出てくるんだろうねぇ。きりがないよ。それと、断熱材に水がしみてて、壁を壊したら中はカビだらけ。断熱材も重たくてさ。男手がないと大変だよ。天井、壁、床に全部入ってるからさ。まだまだ作業は続くね。(60代・男性)

・家財道具は全部ダメになっちゃった。何もかも。写真も全部濡れたから捨てたよ。何も残ってない。なんにも。。。(70代・女性)

・2階で生活している人達はこれから寒くなるし、台所も被災してて、本当に大変なの。だから、うちが近所10件ぐらいに色々もらったものを配ってるの。ここに持って来てくれたら、私たちで配ります。よろしくお願いします。(50代・女性)

・ここは水害常習地域で、過去2回の災害でも、被災を受けるたびにみんなで頑張って復興してきたんだ。でも今回、こんなにひどい状態になって。「金も気力ももう残ってない」っていう人が多いんだ。どうやってみんなの気持ちを盛り立てていけばいい?リンゴ農家も大打撃で。一度泥水に浸かったリンゴは農協で譲渡や販売しないって決めたんだ。何かあった時に、風評被害になるといけないから。りんごはとっても手間暇かけて育てるんだよ。手塩にかけた子どもを手放すような気持ちだ。とっても切ない。泥が付いたリンゴの木は、早く実を落として、根元の泥をキレイにしないと、来年の収穫でおいしい実がならない。焦っているよ。JAの若手が総出で作業してるけど、とても重労働だからね。(70代・男性)

—————————————
▼RSY活動支援募金について
(随時受付中)
—————————–———–
この支援金は、スタッフの現地派遣や情報発信、被災者への生活支援プログラムのために活用致します。

<銀行振込>
三菱UFJ銀行 本山支店 普通3505681
特定非営利活動法人レスキューストックヤード
※「カツドウキフ 寄付者のお名前(カタカナ)」とご入力ください。
<郵便振替>
00800-3-126026
特定非営利活動法人レスキューストックヤード
※通信欄に「活動寄付」とご記入ください。

七ヶ浜みんなの家『きずなハウス通信』VOL.29

みなさま
RSYが東日本大震災の復興支援として宮城県七ヶ浜町にて運営しております、
「七ヶ浜みんなの家きずなハウス」にて『きずなハウス通信』VOL.29を、
発行いたしましたので、ご案内させていただきます。


七ヶ浜みんなの家『きずなハウス通信』VOL.29(PDF版はこちら

 

○『きずな食堂@松ヶ浜』を開催しました!

10月16日(水)、松ヶ浜地区避難所にて災害公営住宅にお住いの方をはじめ、地区住民の皆様、そして向洋中Fプロジェクトでの食事交流会を開催しました。食事交流会が始まるまで、中学生たちは、地区の花壇整備班、地区避難所の清掃班、食事(餃子づくり)班に分かれ、それぞれ一生懸命取り組みました。
みんなで賑やかに餃子を食べたあとは、ピアノの生伴奏にのせて、中学生達による手話を交えた歌の合唱やクイズなどで盛り上がりました。子ども達からは「地域のお手伝いが地域の人の笑顔につながって良かった」などの感想が聞かれ、これからも交流が深まっていくようサポートしていければと思います。
※「心の復興」事業としてRSYにて実施しました。

みんなが気持ちよく使えるよう、避難所を掃除

みんなが気持ちよく使えるよう、避難所を掃除

 

「上を向いて歩こう」をみんなで歌いました!

「上を向いて歩こう」をみんなで歌いました!


○沖縄美ら海水族館提供イベントのご案内!

世界最大の魚類「ジンベエザメ」が七ヶ浜に!?沖縄美ら海水族館提供のイベントが中央公民館で開催されます!
【日 時】12月1日(日)午前11時~
【場 所】中央公民館第4研修室
【内 容】
①沖縄美ら海水族館の大水槽「黒潮の海」を撮影した3D映像の上映
②サメ博士によるジンベエザメやホホジロザメの生態に関する話
③触れる標本やパネル展示によるサメの解説
④水族館シールなどの配布
【参加費】無 料
【問合せ】きずなハウス(090-9020-5887)


RSY七ヶ浜の主な取組

10月

10月16日(水) 10:00~14:00
・きずな食堂@松ヶ浜

10月20日(日) 9:40~13:00
・あさひ園祭り
仙台白百合女子大学の学生さんにお手伝いいただき、くじ引きブースを担当しました!

11月の予定

11月9日(土) 10:00~12:00
・第2回『んだっちゃ塾』開催
七ヶ浜町内の方を語り部に迎え、震災当時の話を聞くとともに、今後の防災・減災について、みんなで話し合ってみませんか?今回は「避難行動」をテーマに開催します。
参加者募集中!【参加費無料】

 

11月10日(日) 10:00~15:00
・SEVEN BEACH MARKET ワークショップフェア
七ヶ浜を愛する”Full Smile”なイベント!色んな体験ができるワークショップがきずなハウスに多数出店!アクセサリーやグラスサンドアート、編みぐるみなどの物販もあります!

 

11月16日(土) 11:00~14:00
・菖蒲田浜地区ぼっけ汁祭り
菖蒲田の漁師さん達が作った、旬の「ぼっけ汁」を無料で大盤振る舞い!他にも、菖蒲田浜自慢の海産物を使った料理の販売も!きずなハウスも「ぼっけのボーちゃん焼き」の販売やお楽しみ企画で盛り上げます!

 

11月23日(土) 8:00~17:00
・被災地学習・交流日帰りバスツアー
東松島市の被災地を巡り、東日本大震災による被災状況、そして復興の様子を学び、七ヶ浜の復興について、あらためて考えるツアーを催行します。参加者募集中!
【参加費無料。お申し込みは11月10日(日)まで】

 


11月の「出張きずなハウス」

(毎週金曜日、14時から15時まで開催)
1日 吉田浜災害公営住宅
8日 菖蒲田浜災害公営住宅
15日 花渕浜災害公営住宅
22日 代ヶ崎浜地区避難所
※お茶出しなど、お手伝いいただける方、募集中!


七ヶ浜みんなの家きずなハウス
〒985-0802 宮城県宮城郡七ヶ浜町吉田浜字野山5-9 生涯学習センター敷地内
TEL:090-9020-5887/Mail:info@rsy-nagoya.com
運営:認定NPO法人レスキューストックヤード